ホーム>疲労回復方法を徹底的に分析>みんながおすすめする確実な方法

ローコストで簡単、効果が期待できる疲労回復方法を紹介|疲労回復総合研究所

/ お金・手間いらずの疲労回復対策を伝授!

お疲れとり隊が厳選!オススメの疲労回復法

疲労回復方法には様々な種類があるため「どれが本当に確実に疲れが回復するんだろうか…」と悩んでいる方も多いのでは?webなどで流布されている方法の中には間違った回復方法も含まれていますから、どれを信用したら良いのか判断に困るケースも多いことでしょう。
そこで、こちらでは我々−お疲れとり隊のメンバーが実践している確実性の高い疲労回復法を紹介したいと思います。もちろん、人によって疲労の原因は異なりますが、心理ストレスによる疲労感、体力的な疲労感のどちらにも有効な手法を集めてあるので、誰でもある程度の効果が実感できるはず。
この中から自分に合ったものを選んでチャレンジすれば、今の疲労感が徐々に回復していくでしょう。いずれかの疲労回復法を数週間にわたって実践すれば、少なからず疲労回復が実感できるはず。
もし、それでも疲れがどんどん増すばかり…という人は、もしかすると慢性疲労症候群などの病気にかかっている可能性が…。そういう場合は、念のため、病院に行って診察を受けたほうが良いでしょう。

お疲れとり隊−メンバーが教える!疲労回復の極意

ブルーライトカット&睡眠のゴールデンタイムを活用!

ヨクネムレッドがオススメする疲労回復方法は、よく睡眠不足の解消だ。だけど、いつでもいいから長く眠れば良いわけではないぞ。問題なのが寝る直前までパソコンの画面やテレビを見ているヤツだ。最近だと、スマートフォンの普及で、ベッドに入ってもまだ画面を注視するヤツも多いな…。
パソコン・テレビ・スマホの画面から発せられるブルーライトを見ていると、交感神経が刺激され、脳が興奮してしまう。その結果、なかなか寝付けない、熟睡できない…。そういう悪循環に陥るんだ。
熟睡するためには、寝る1時間前にはテレビやパソコンを消し、可能なら明照明も消して布団の中で目を閉じることだ。…といっても、それじゃ退屈だろうから、間接照明を使って本・雑誌を読むくらいは構わない。とにかく、画面や蛍光灯の直接照明、そういう強い光を直接見ないことが大事だな。どうしても画面を見なきゃならない仕事をしているなら、せめてブルーライトをカットする眼鏡ぐらいは使ってくれ。
そうそう、それから最も疲れがとれる睡眠時間帯は午後10時~午前2時だ。成長ホルモンの力で疲労回復が促されるからね。この時間をしっかり休むことで確実に疲れはとれる。要するに、できれば午後9時に、それが無理でも早めに布団に入れ…ということだな。

有酸素運動で、疲れない身体に生まれ変わる!

メノマエブラックがオススメするのはウォーキングだね。「ウォーキングは疲れるでしょ…」という反論があるかもしれないけれど、別に激しい運動をしろ…と言っているわけじゃない。
疲労の原因は活性酸素の影響で細胞が酸化ストレスを受けること。激しい運動は活性酸素を作り出す原因になるから、むしろ控えるべきでしょう。しかし、疲れない程度の適度なウォーキングはむしろ疲労回復に効果的。
軽いウォーキングなど、あまり負荷がない運動なら、ストレス抵抗性を高めて疲労しにくい身体をつくることに繋がる。それに、運動不足だと身体が弱り、“少しの運動でも交感神経が刺激されて血越、心拍数が急上昇”という体質になってしまうよ。交感神経が優位だと熟睡できなくなるし、ストレスも溜まりやすい。普段からウォーキング程度の運動をすることは、交感神経を抑制する効果がある。要するに“疲れない身体づくり”というものだ。
それに、ウォーキングみたいな有酸素運動は脂肪を燃焼させる効果もある。代謝機能がアップするから、そこでも疲労回復が促される。それに、外を歩くのは精神的にも気持ちが良いね。景色を見ながらウォーキングすることで心身ともにリラックスできる。心理的ストレスによる精神疲労にも効果的なんて、まさに疲労回復法の極意だと思うよ。

筋肉疲労&神経疲労をW解消!ぬるめの長風呂がオススメ

ストレスブルーが推奨する疲労回復方法はズバリ…お風呂です!ひょっとすると、「そんなの、毎日入っているよ!」と言われちゃうかもしれませんが、重要なのは入浴方法。入浴の仕方によって、疲れがとれたり、逆に疲れが増したりするのです。
熱いお風呂に入る人もいますが、熱すぎるお湯は長く入っていられません。芯まで温まる前に上がってしまいます。そして、温度の急激な変化のせいで。心臓にも負担がかかり、結局、余計に疲れてしまうんです。それに、熱いお風呂だと交感神経が刺激されますから、むしろ脳が覚醒してしまい、眠れなくなる可能性も…。これじゃ、逆効果ですね。
入浴の基本は、ぬるめのお風呂に20~30分ほどゆっくり浸かること。のぼせやすい人は半身浴でも構いません。肩まで浸かるより、長く入るほうが効果的です。温まった血液が全身をめぐり、結果的には頭のてっぺんまで温まりますからね。
こうして、身体の芯から温まると、血流、リンパの流れもよくなります。筋肉がほぐされる効果もあるので、筋肉痛のリスクも減るでしょう。さらにぬるいお風呂は副交感神経を優位にして精神をリラックスさせますから、心理的ストレスの緩和にも効果的。副交感神経が優位だと睡眠に導かれますから、寝つきをよくする効果もありますよ。
ぬるめのお湯に長く浸かれば、筋肉疲労、神経疲労の両方が回復。まさに疲労回復のスペシャリストと言えるでしょう。

切り札はアイシング&ホットタオル!眼精疲労の回復テク

イタミドリが実践しているのはアイシング&ホットタオルによる眼精疲労の回復。最近では、誰でもパソコン、スマホを使用していますからねー。目の疲れは本当に大問題です。ちょっとパソコンをしていると目がしばしばして、時には視界が霞むことも…。
目がかゆかったり、霞んだりするのは眼球に疲労物質が溜まり、炎症を起こしているからです。そこで、まずはアイシング…、目を冷やして炎症を鎮めてあげましょう。冷やすといったん血流が低下するので、免疫由来の炎症が起こりにくくなります。氷嚢を用意するか、あるいは高熱の時に使う冷やし枕をあてておけばOK。
で、そこで終わらないのが大切。冷やして炎症を抑えたら、今度は温めてあげましょう。目を閉じて、上からホットタオルを軽く押し当てれば、じんわりと心地良い熱が伝わってきます。いったん低下した血流を一気に改善!めぐりが良くなって、疲労物質が流れていく感じです。
これを1日に2、3回も繰り返せば、目の疲労感なんか吹っ飛んでいきますよ。特にパソコンをじっと見つめる仕事をしている人にオススメですね。

寝る前の疲労回復習慣!ストレッチで疲れを吹き飛ばせ

ドキドキピンクが一押しするのは、ストレッチ♪疲労症状の代表的なものっていうと…、そう、肩こり、腰痛。ドキドキピンクの場合、ふくらはぎを中心に足のだるさを感じることも多いかも…。特に夏場のクーラーにあたると、冷え症のせいか足がだる〜い…。
筋肉が凝り固まって、血液の流れが低下すると、疲労物質が溜まりやすくなるんだって。血行不良は疲労感を増幅させる大きな原因!
そこで、ストレッチにより筋肉をほぐすことが大事なんだよ。適度に筋肉を動かすと、全体の筋肉に酸素・栄養が供給されて“特定の部位に疲労感が残る…”みたいな症状が改善されるんだって♪
それにストレッチは軽い運動だから、ストレス抵抗性を強めて、疲労しにくい身体を作ることにも繋がるよ。別に難しいことをしなくて良いから、前屈したり、肩を回したり、腰をひねったり、簡単なストレッチを継続してみない? 寝る前のストレッチ習慣を作るだけでも、かなり疲労感が抜けちゃうよ♪

お疲れとり隊−メンバーの奥義!サプリメントで疲労感を解消

お疲れとり隊の全メンバーが実践している疲労回復法の奥義は、やはりサプリメントの有効活用です。最近の研究では活性酸素が疲労の根本原因と言われていますから、抗酸化作用のある栄養素を補給することが何より大切。
具体的にはビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEあたりですが、バランスの良い食事を1日3食用意するのは難しいのが現状。仕事が忙しいと、そもそも3食きちんと食べることさえ大変ですから。
サプリメントを活用して、疲労回復に役立つ成分をしっかりと補給すれば、忙しい生活の中でも、徐々に疲労感を緩和することは充分可能です。疲れが肌に出やすいなら美肌成分を含んだサプリを併用したり、食事のバランスが特に悪いなら必須アミノ酸のサプリを飲んでみたり、自分なりに不足している栄養素を補えるのもポイントです。
最近では鶏の体内に含まれる成分−イミダペプチドなどをはじめ、疲労回復にピッタリの新・栄養度が見つかっていますから、そういったサプリメントも有効活用したいですね。サプリを上手に摂れば疲労回復に加えて、美容効果、ダイエット効果、栄養補給もできるので、まさに一石四鳥です!

疲労回復の極意!疲労感を解消してくれる栄養素とは…?

Webで“疲労回復”と調べれば、それこそ数え切れないほどの情報がヒットする現在、本当に効果のある疲労回復テクニックを選別するのは逆に困難になっているような気がします。
そこで、当サイトではお疲れとり隊−メンバーが徹底調査した“本当に効果がある栄養素”だけを紹介することにしました。活性酸素による酸化ストレスを緩和する…という側面からは抗酸化作用の高いビタミン類、活性酸素の除去に加えて筋肉疲労を大幅改善する新成分−イミダペプチド(イミダゾールジペプチド)など、オススメ成分を厳選紹介しています。
ローコストで簡単に続けられるサプリメントを摂取すれば、今の疲労感が一気に抜ける日も遠くはないでしょう。もし、疲労回復の奥義を究めたいなら、お疲れとり隊がセレクトした“疲労回復情報まとめ”を併せてお読みいただければ幸いです。

→ 疲労回復情報まとめ、お疲れとり隊セレクト!
これを読めば疲れは吹っ飛ぶ!

疲労感とは何か〜現代社会を生き抜く必須知識

疲労という言葉はとても漠然としています。普通の疲労であれば、辛い症状はあるけれど病気ではありません。休息すれば疲労が抜ける…と考えられていますが、あまりに蓄積した慢性疲労は何日寝ていても抜けません。疲労はなかなか実態が掴めず、回復の難しい“現代人最大の悩み”と言えるでしょう。
しかし、最近では“疲労が多くの病気の前駆症状である”と考える人が増えてきています。ある意味、漢方医学の“未病(病気の一歩手前)”という概念に似ていますね。
例えば、東京大学大学院新領域創成科学研究科の久根辰博准教授らは、認知症を予防するのに、疲労緩和物質−イミダゾールジペプチドが効果的であることを発見しました。疲労回復物質が認知症を予防するという発見は、認知症自体が脳の蓄積疲労によって発症するのでは…という推論が成り立つ新事実です。アルツハイマー病などの認知症状は、ひょっとすると疲労の延長線上にあるのかもしれません。
そう考えれば、疲労が病気になる前に対処する…というのは、将来的な健康を考える上でも非常に有効です。睡眠不足の解消、正しい入浴習慣、適度な運動、そしてサプリメントを含めた栄養補給。これら4つの疲労回復法を取り入れて、是非、病気に負けない健康な身体を目指してくださいね!